願い壁
  • わが子が 永遠に健康と幸せを祈ります~ 
  • 私達自分の子が誕生させたの永遠幸のサービスを誠に感謝いたしました!
  • 私たちの子の健やかな成長を期待しています~
  • わが子が 永遠に健康と幸せを祈ります~ 

中文|日本語|English

診療時間

ご相談、予約ホットライン

体外受精とは

不妊症とは?
世界保健機関(WHO)は不妊症を結婚後少なくとも1年、同居、正常な生活があり、避妊措置を取らずに出産できないと定義しています。わが国の不妊症の定義は、結婚後2年間の未避妊です。米国不妊学会の基準は1年の避妊歴ではなく、妊娠していないことです。実は、不妊症の時間の規定は状況によって具体的に分析、区別する必要がある。

どのような情報が出産能力を知るのに役立ちますか?
男女双方の体調
骨盤腔と泌尿器生殖道の疾病と手術の病歴がありますか?
女性の月経の情況の双方は以前結婚と出産の歴史と避妊の情況。

不妊症に関する検査は何がありますか?
排卵検査:月経が規則的かどうかによって排卵かどうかの大体の判断ができますが、正確ではありません。規則月経とは周期(前回の月経の一日目から今回の一日目まで)で、正常周期は21-35日、月経(流血日数)は2-7日間です。月経は周波数を過ぎてあるいは月経を過ぎてすべて正常に排卵することがないかもしれないことにヒントを与えます。女性も医者の指導のもとで基礎体温、膣分泌物、排卵試験紙を通して排卵状況を大まかに監視します。診療中の超音波シリーズのモニタリングとホルモン検査は排卵時間の正確な判断に役立ちます。

卵管検査:卵管開存性検査方法:卵管X線透視下の造影術、三次元リアルタイム超音波輸卵管造影は常用検査方法です。また、宮腔鏡下の挿管通過液及び腹腔鏡によって直接に下の通液を見て検査することができます。腹腔鏡下の通液検査は比較的正確ですが、傷性があります。開存する卵管の卵拾いと卵、胚に対する運送機能は正常かどうか、現在は正確かつ効果的な検査方法がない。

子宮及び生殖道検査:胚の胎の場所である子宮は、正常出産を維持するための必須条件でもあります。形状の異常に関わらず、どのような病気があっても子宮腔の形態の異常と内膜の機能の異常は出産に影響します。医師は病歴を聞いて、婦人科の検査と超音波検査で子宮の状況を大体判断できます。時には造影、宮腔鏡、腹腔鏡などを合わせてさらに検査して判断する必要があります。

精液検査:夫婦が正常に出産するのはもちろん男性の「種」がないといけません。正常な生活をしているということは、精液正常ということではないので、精液の通常検査は非常に重要です。検査が便利で正確で、傷性がないので、男性の精液検査は不妊夫婦の病因スクリーニングの最初の検査項目です。男性側は3-7日間で精液検査を行う方がいいです。禁欲時間が長すぎたり、短すぎたりすると検査結果に影響があります。初めての検査で異常があれば、2-3回の検査を繰り返してください。

その他の検査:精卵から新しい生命が誕生するのは非常に不思議な過程であり、形態が正常な卵子、精子及び彼らが適切なタイミングで出会う以外に、適切な子宮が胚を成長させることができます。一般的な検査で原因が見つからない場合は、相応の検査をすることも考えられます。

联系我们

住所

中国(上海)自由貿易試験区富特西一路477号四階

TEL

年中無休

総合受付:021-50181111
                (予約 相談)
事務室:021-50180680
生殖センター:021-50187777

E-mail

ご意見/イベントの申込など

info@towako.cn

注意/予約

当院ホームペ
ージサビース番号
当院予約用
WeChat公式アカウント